30
8月

専業主婦ならではの悩みといえば、「毎日の献立を考えること」でしょう。
おそらく多くの専業主婦の方が、この悩みを抱えているのではないでしょうか。
もちろん、私もその中の一人です。

最近は、就職をしたうちの息子がご飯を食べるのか食べないのかはっきりわからないため、ご飯をどの程度炊けばよいのかすらわからず悩んでしまいます。
余っても嫌ですし、足りないのも困ってしまうわけです。

当然ながら、専業主婦である以上、食事のバランスについてはこだわりを持っていたいものです。私のこだわりは、「十品目以上」を食事に入れることです。

特に主人は脂肪肝を持っているので少しでも改善するためにサプリメントも使っていますが、食事も気を付けて出すようにしています。

使っているサプリメント→脂肪肝の改善方法

それになるべく好きなものを食べさせてあげたいという気持ちもありますし、かといってそればかりでは飽きられてしまいます。
お腹の出てきた主人を見ていると、さらに食事には気を付けなければと思います。
また、味付けについてもしょうゆ味ばかりになってしまわないようになど、考えればきりがありません。

私が困った時は、いつもネットの料理レシピサイトに頼っています。
こちらには全国の主婦の方々からのアイデアがつまっていますし、とても勉強になります。
本会員は有料なのですが、無料の範囲内でも十分すぎるほどの情報量です。
この便利さと情報量につられてついつい有料会員になってしまいそうなほどです。

毎日の食事の献立で悩んでいる専業主婦の方に告げたい!
ぜひ、ネットを活用して食事の献立を考えてみてください。
今まで散々悩んでいた毎日の献立があっという間に考えられてしまいます。
あとは自分なりの食事へのこだわり、バランスなどを取り入れて料理を作れば、家庭の健康も守れることができるのではないかと思います。
ぜひ、お試しください。

 

13
8月

私は斜視ではないんですが、写真をとると必ず違う方向を向いているんです。
斜視ではないので片目が、ということではなくて両目が左上を向いているんです。
もちろん写真をとるときはきちんとレンズを見ているんですが必ず左上を見ています。
それで気になるのが、普段の私の目線ってどうなっているの?ということなんです。
もしかしたら私は相手の目を見て話しているつもりでももしかしたら相手の目よりも左上に焦点があっているんじゃないかと思ったら心配でいてもたってもいられず、小学校からの一番付き合いの長い友人に聞いてみました。
実際問題私の目ってどうなの?と。
すると友人がいうには、もちろん斜視ではないしちゃんと話をする時は目線が合っているというのです。
じゃあなぜ?
でも写真を撮るときってデジカメでもスマホや携帯でもあのレンズのところを見るんですよね?
私も確かにレンズを見ているのに・・・。
だから自分の写っている写真が大嫌いだし見たくもありません。
運転免許証も目線が合っていないんです。
解決すべく、ネットでいろんな情報を調べてみました。
そうすると私と同じような状況に悩んでいる人を数人見つけました!
これは本当に嬉しかったですね。
でもその方たちも未だ解決方法は見つかっていないようでした。
残念ですが同じコンプレックスを持っている仲間を見つけたようで嬉しかったです。
そこで私は写真を撮る時に意識してレンズよりも少し右側を見るようにしてみたんです。
でも目線がまだ合わず・・・本当に悩みですよ。

もしも斜視だったら手術をして治したいくらい。斜視の手術をするのにいくらくらい費用が掛かるのか調べてみると、保険がきいて5万円から15万円って書いていました。

今の私の貯金額では到底無理。しかも入院とかなったらもっと費用がかかりますよね”(-””-)”

お金のことと、自分のコンプレックスを天秤にかけてみたりもして。。そうするとやはりコンプレックスをどうにかしたいのほうが傾いてしまいます。最悪消費者金融からお金を借りてでもしたいとかも思いますね。

消費者金融で借金をする